かわいくなりたい!

外科矯正治療、整形、美容、麻雀、本、漫画、プロ野球、日常… 数え役満です!

【ネタバレ有】「自分の顔が嫌すぎて、整形に行った話」を読んだのでレビュー

愛内あいるが描く、4000万PVを突破した全部実話の整形レポ漫画。呼び方は「ブサイク整形」。

 

ツイッターやピクシブでかなり話題になっていたweb漫画が単行本として発売されたので買って読んでみました。かなり内容に触れての記事になりますので、ネタバレを含みます。

 

文字だけでは寂しいので、私の下手くそなイラスト付きでレビューをしていこうと思います。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220172649j:plain

 

 

概要

 

2018年1月1日、ツイッターで「ブサイクなので整形に行ってきた話」として投稿されたのが始まりの漫画。1万近くRTされ、2万4千ものお気に入りと反響を呼んだ。

 

続きがPixivに投稿され、4000万PVを突破するほど。コメント欄は共感の嵐。2018年11月30日に発売された単行本は、web漫画の内容を修正したものが半分、後半はその後の人生がどうなっていったかという未公開のストーリーとなる。

 

ブサイクと言われて育ってきた主人公

f:id:minnnataberuyo:20181220182415p:plain

 

親の口癖は「あいるはブサイク」。目がぱっちりとして愛されキャラの妹に比べられることは日常茶飯事。可愛い友だちに好きな人を取られるなんてこともよくある話。

 

特に優れた取り柄もなく、自己否定を繰り返し、自己評価はどん底、自信が無くて他人の目と機嫌を気にしてばっかの主人公・あいる。「どうしてこんなにブサイクに生まれてきてしまったのだろう」「私だって好きでブサイクに生まれてきたわけじゃない」と。

 

確かに幼少期から可愛い妹を贔屓され、ブサイクという傷つけられる言葉を言われ続けてきたら卑屈になりますよね。親の言葉って、子どもにとっては絶対で大きいものなのです。もはやあいるの親は、虐待レベルだと思うのですが…。

 

「声優になりたい」と勇気を持って父親に相談するも、「馬鹿なことを言うな、正社員の仕事をして結婚して子どもを生むのが一番の幸せだ」と一蹴されて終わります。

 

子どもの言葉や話を聞かない・決めつける・否定ばかりの親って毒親感ありますよね。失敗しても、結果が出なくても、挑戦してみようと頑張る気持ちを育てていってあげたほうが結果的に成功することが多いように感じます。

 

Pixivのコメント欄も、こういった容姿を否定する言葉を掛けられて育ってきて、外見にコンプレックスを抱いているという悩みを持つ方で溢れていました。心無い親もいるもんですね。

 

これだけ共感する人が多いってことは、世の中に容姿に悩んでいる人が多いってことですね。私もそのうちの一人です。周囲からの容姿否定って、かなり心に傷を負いますよね。

 

整形への葛藤

 

f:id:minnnataberuyo:20181220182835p:plain

 

そして親に言われたとおり正社員の道へ進むあいる。就職して一年が経った頃、テレビで整形特集をやっているのを目にし、「整形という手があった!」と気付きます。

 

ですが、よしやろう!と思い立ってすぐにできるものでもないのが美容整形。

 

費用の問題や、失敗への恐怖、親との折り合い。

可愛くなるのに簡単な方法なんて存在しないんですよね。本当に。整形への偏見もまだまだ多く、周囲からの理解も得られないと更につらい思いをします。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220183211p:plain
そして職場でも一重の目をいじられるあいる。


ブスいじりする人。いますよね。ブスを売りにしてお笑いを取っている芸人じゃあるまいし、女の子って大半が「可愛くなりたい」という気持ちを持っていると思うんですよね。それを冗談とはいえ、ネタにしていじる人って相手の気持ちを考えられない人なんだな~と思います。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220183836p:plain

 

そんなこんなで整形に悩むあいるちゃん。片思いしているいい感じの雰囲気の職場の人と、グループで食事に行くことになります。一緒に行くあいるの友だちの花ちゃんも、「二人を応援するよ!」と。もう嫌な予感しかしないですね。案の定、花ちゃんと片思いしていた相手が付き合うことに。

 

自分より圧倒的に可愛い女を好きな人に紹介するな!

可愛いアクセサリー付けて、お化粧も頑張っていたのに報われないあいるちゃんです。

 

この出来事がきっかけで、いくら頑張っても努力しても報われない。整形するしか無いんだ。と、整形を決心することになりました。

 

どうしようも出来ない、辛いコンプレックスを解消するためには、整形をして良いと思うんです。一生付き合っていく顔なわけですし。

 

人生を変える二重埋没法

 

f:id:minnnataberuyo:20181220184726p:plain

 

カウンセリングで、女優の写真を持っていき、これになりたいです…!と相談するあいるですが、整形外科の医師に「瞼が重いので切らないと難しい、自然であなたに合う幅のほうが良い」と答えます。

 

本当にこれですよね。理想の顔、なりたい顔があっても、パーツ配置や元の素材的にどう頑張っても無理なもんは無理。漫画によくある「この顔が私…!?」なんていうのも現実にあり得るのか?というのが最近の私の疑問です。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220185335p:plain

 

手術を終えたあいる。三連休では腫れは引かず、眼帯を付けての出勤となります。両親には「転んだ」と伝えると、あっさりと「おっちょこちょいね~!」で終わるという…。会社でも、大丈夫?お大事にね!と、特に突っ込まれること無く。

 

埋没くらいの腫れならそこまでばれないものなのですかね?わからないですが、カミングアウトができない環境の方や、休みが取れない方は大変そうです。あと、地味にあいる、二つ結び辞めたんですね。

 

 そんな中、会社のおじさん(?)に「整形した?」と聞かれます。焦るあいる。ですがおじさんは、あいるに対する目のいじり、からかいが酷かったことをずっと気にかけてくれていたみたいです。バレたらおしまいじゃなかった現実に号泣するあいるでした。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220185902p:plain

この方、おじさんを自称していますが、全然おじさんでは無いのですが…!?でも、こうやって思いやりのある方がしっかり見ていてくれると思うと救われた気持ちになりますよね。

 

整形と笑顔

そして数週間が立つと腫れも引き、自然な二重になったあいる。化粧をすると、アイラインが見えることに感動しています。がっつり一重だとアイラインって埋まりますもんね。

 

そして、コンプレックスだった一重の小さい目を克服したあいるは、「少しでもマシになるための義務」だったおしゃれを楽しむようになり、それによって少しずつ自信がついてきたのか、顔を上げて生きれるように。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220191536p:plain

 

今までは「他人からブスだと思われているのではないか」「嫌われるのではないか」とビクビクして過ごしていたあいるでしたが、意外とそんなことはなかったぞ。と。そしてなんと彼氏まで出来たらしく、周りからも「よく笑うよね」と言われるほど。

 

彼氏どうやって出来たのか物凄く気になるのですが、サラッと話題に出て終わってしまいました。やはり劇的な変化では無くとも、気にしていたコンプレックスが解消されることにより、気持ちの変化が大きく人生をプラスにしてくれるものなのですかね。

 

笑顔のあいるちゃん、可愛いです。一重と団子鼻としか描かれていないですし、そんなにブサイクなわけでは無いのではないかと思いはじめてきた私です。口元が一番大事。

壊れていく

 

二重整形をして笑顔が増え、彼氏もでき、順風満帆かのように思えたあいるでした。が。彼氏の自宅にお泊りに行った時のこと。化粧を落としたあいるに言い放った彼の言葉が…

 

f:id:minnnataberuyo:20181220192020p:plain

 

「彼女にそんなこと言えちゃうお前のほうが怖えぇ~~~~~~!」っていってやりたいです。あいるちゃん、言い返せばいいのに。

 

「そ、そうかな~?」と笑ってごまかすあいる。「やっぱり私のこと、ブサイクって思っているのだろうか」「可愛い子はすっぴんでも可愛いんだろうな」「私って、やっぱだめなのかな…」と、布団の中で悲しみます。

 

シーンは変わってあいるが友だちとご飯を食べているところへ。友だちから、結婚報告を受けて祝福するあいる。自分と比べて仕事も恋も順調に進んでいる友だちを目にし、それに比べて私は…私ってだめだなあ…もっと頑張らなくちゃ…と落ちていきます。

 

ひどい言葉を言い放った彼氏からも、別れのメールが届きました。「三ヶ月続かなかったか…」とあいる。

 

妹と比べられた経験からか、友だちと自分の状況を比較してかなり落ち込んでいる様子。でもその彼氏とは、別れて正解です。

 

スポンサーリンク  

うまくいかない

 

もっと頑張らなきゃ!とお料理教室に通い、好きな人にて料理を振る舞うも、「重い」といわれ、着信拒否されるあいる。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220193404p:plain

この4コマの破壊力半端ないです…。

 

少し頑張るベクトルが違うような気もしますが、あいるは、友だちみたいに順調な恋がしたかったのかな…?ガタガタガタっと、仕事もうまくいかなくなります。ミスを連発し、後輩に仕事を取られてしまうほど。

 

後輩が「私だってミスをするときもありますし、誰だって同じですよ」とあいるを庇ったのですが、「同じ」という言葉に過剰に反応してしまうあいる。人より笑顔を絶やさずに、人より嫌な仕事を引き受けて、人より会話に気をつけて、人より顔が醜くて整形した私が、「同じなわけ無いでしょ…」と。

 

f:id:minnnataberuyo:20181220194001p:plain

あいるちゃん、すごい顔をしていました。

 

これは少し違う気もします。考え方に問題があると感じますね。ブサイクだから我慢をしなければならないとか、ブサイクだから何を言われても笑って受け流さなければならないだとか、そんなことは無いですし、酷い彼氏と付き合って傷つけられたのも結局は自分が選んだ男ですし、仕事のミスだって自分の責任ですし。

 

ブサイクだから、例えば顔出し配信をしたりだとか、アイドルになりたいだとかいう夢ややりたいことが出来ない、制限されるという我慢はわかりますけど、ブサイクだから言いたいことも言えない、主張してはいけないなんてことは無いのです。

 

親に否定され、周囲に否定され、否定され続けて生きてきたら、こういう考えになってしまう事も仕方ないのかもしれません。結局、整形をしただけでは根本的なものは変わらないということなのでしょうか。

 

あと本当にどうでもいいんですけど、指が6本あるコマがあってすごい気になってしまいました。

 

闇落ち

 

f:id:minnnataberuyo:20181220195153p:plain

 

悪友?と会社の後輩や上司の悪口を言いまくるあいる。自分よりブサイクだと見下していた女の子に彼氏が出来て、寝取ろうとまでします。

 

おいおいおいおいなんでこうなった!!

あいるの人間性がコロコロと変わりすぎて若干ついていけないのですが、整形をして笑顔が増えたり、好きな人の為に肉じゃがを作っていたあいるはどこへ行ったんでしょうか。

そして、「死にたい」「逃げたい」「クソ人生」と闇をさまようあいる。

 

 

ここまでのまとめ

・整形を決心したのは、花ちゃんに好きな人を取られたから。

・整形がうまく行ったら笑顔が増えて仕事もうまくいって、彼氏も出来てポジティブに。

・すっぴんを見せた時の彼氏の一言に傷ついた&友だちの結婚報告で、「私ってやっぱりダメなやつ」となる。

・次の好きな人に着信拒否され、仕事もミスの連発。

・後輩に庇われてえげつない顔をする。

・悪口言い放題でブサイクを見下し、彼氏を奪おうとする自称クズと化す。

 

クライマックス

 

f:id:minnnataberuyo:20181220202147p:plain

 

会社がしんどい。というあいるに、「やめちゃえば?」という友だち男性。

「いやいや、逃げちゃだめでしょ」

「なんで?」

「私みたいにブサイクで学歴も劣ってる女は、逃げてる場合じゃないよ」

「それって本当にそうなの?」

 

この会話がきっかけで、「向いてないこの仕事を続けて私に何が残るのだろう」「会社は親や世間からの目のため?」「彼氏は女としての価値の証明?」「本当にそうじゃなきゃいけないの?」と、自問自答を繰り返すあいる。

 

そして転職を決意します。次の職場は派遣社員としてデパートの接客業。

 

ミスもあるけど、フォローしてくれる上司や友だちがいる!良いことをしたら自分を褒めて、辛いことがあったら素直に打ち明けて、もう少し自分に優しく生きよう!

 

で終わりました。

 

仕事をやめるのって、すごく勇気が要りますからね。やめられてよかったね。でも、勤めてた職場、向いてないって思ってたんだね。同僚とも楽しそうだったし、わからなかったよ

 

感想

 

結局、整形が関わっていたのは前半だけのような気がします。「整形をしたから人生が変わった」というより、「勇気を出して人の言いなりになることを辞めたら楽になった」という話でした。

 

あとがきでは、「整形をしてよかった」「整形を悪だという風潮が少しでも薄れたらいいな」という話が。私は、愛内あいるさんが、整形をして何がよかったのかイマイチよく伝わってきませんでした。

 

この漫画の中で、私が読んでいて整形をして、おっ素敵だねよかったねと思えたのは、整形をした直後の明るく上を向くことが出来たほんの一瞬だけでした。あとはもう自分の考え方の問題ではないかと。何もブサイクのせいではないし、整形をしたからどうというわけでもない。全てこのあいるさん本人の考え方を変えればうまく行ったというだけの話。

 

前半、顔にコンプレックスを抱いているところや、整形を迷うところには共感ができましたが…。後半の、うまくいかないことを「自分は努力しているのに、ブサイクだし学歴もないから全然足りないんだ」と卑屈になり、他人を傷つけるようなことをしていることはよくわかりませんでした。でも、綺麗事ではなく、本当の事実を書いているんだろうなという事は伝わってきました。

 

ブサイクでも明るくて、ポジティブで、やりたいことを沢山やって、自己主張をして幸せに生きている人はたくさんいます。結局自分がどう生きていくかの問題です。

 

私は、可愛くなりたいので整形を考えています。もっと自分に自信を持ちたいし、もっとやりたいことが沢山あるからです。そして、顔を今よりも可愛くすれば、毎日が楽しくなる。鏡を見ることが楽しみになる。そう信じて、矯正や貯金を頑張っています。

 

長くなりましたが、整形して顔を可愛くしたいというより、ブサイクだから…と卑屈になって、人生が辛い。内面を変えたい。勇気がほしい。という方にはオススメの一冊です。

 

購入はこちらから

 

 

ツイッターはじめました!フォローお願い致します!