数え役満ブログ

外科矯正治療、整形、美容、麻雀、本、漫画、プロ野球、日常… 数え役満です!(ただの雑記ブログ)

ドラゴンボールを1ミリも知らない私が超ブロリーを観てきたのでレビュー

スポンサーリンク

登場人物の名前さえほぼ知らない私が、旦那に連れられて「ドラゴンボール超 ブロリー」を観てきた結果。

 

観おわって、速攻で全巻購入しました。

 

f:id:minnnataberuyo:20181229214118j:plain

 

いや、本当に面白かったです。映画の感想を書いていきますが、「何も知らない人が観たらこう思うんだな」程度の記事なので悪しからずです。

 

 

ドラゴンボール超ブロリー

 

f:id:minnnataberuyo:20181230184439j:plain

 

あらすじ

 

これは、新たな〝サイヤ人〟の物語。

 

「力の大会」後の平和な地球。
宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指して修行に明け暮れていた。

 

そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、見たことがないサイヤ人“ブロリー”。惑星ベジータ消滅とともにほぼ全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?

 

再び地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、全く違う運命をたどってきた3人のサイヤ人の出会いは、壮絶な闘いへ――。       

 

悟空とベジータとブロリー、3人のサイヤ人がどのように巡り合うのかが物語の中心となっています♪

 

感想

 

f:id:minnnataberuyo:20181230185830j:plain

 

本当になにも知らないで見に行ったのですが、意外と子どもよりも大人の観客が多い印象。旦那曰く、かなり昔からある漫画・アニメなので、子どもの頃好きだった人がもう大人になっているとのこと。調べたら、私が生まれた歳に連載が完結していました。そんなに前の作品だったなんてしらなかったです。今でも好きなファンが多いですよね。

 

映画は、話も時系列も、とってもわかりやすくて、初めて見る人でも充分に楽しめる内容となっていました。なんだか、ドラゴンボールの魅力が1作の映画としてギュっと詰まった感じ。笑いどころも有り、バトルシーンは迫力満点、内容が濃くてわかりやすくスッキリとまとまって終わるので後味も良かったです。

 

漫画を読んだ後で映画を思い返すと、「ブロリーって出てこなかったから、あの小惑星でお父さんと過ごしてたんだな…」「フリーザなんで消滅したはずなのにいるんだろう…」「悟空たち髪の色どんどん変わってたな…」とか、ドラゴンボールの漫画を読んだだけじゃ色々ついていけない設定があるので、アニメや他の映画、超の漫画も知りたくなってきました。本当に魅力的な物語です。

 

アニメを今から見ようと思ったら何時間掛かるのだろうか…

 

映画のキャラクター

 

さすがに長く続いている作品なだけあって登場人物も多く、前半で死んじゃったキャラクターの息子が大きくなって出てきたり、ドラゴンボールの知識が皆無で観たので「ん?これ確かフリーザに抗っていたキャラの子ども…だよな?」「悟空がバトル中に瞬間移動で移動した所にいたキャラは誰なんだ(ピッコロ)」ってなったりもしましたが、話がわかりやすかったので本当に楽しむことが出来ました。

 

映画を観ている最中、ずっと疑問だったのが「なんで同一人物が孫悟空とカカロットって二つの名で呼ばれているの??」という点(笑)漫画を読んで解決しましたが!

 

中でも個人的に印象的、魅力的だったキャラクターについて書いていきますね。

 

ブロリー

 

f:id:minnnataberuyo:20181229215157j:plain

 

今回の物語の要となるブロリーさん。ネットで高い人気を誇るんだとか。それが今回の映画化のきっかけでもあるみたいです。

 

幼い頃カプセルに入っていたブロリーが、たまに凄まじい戦闘力の数値を放つことから、ベジータ王に遠い閑散とした星に飛ばされてしまうことに。それを追いかけたお父さん。お父さんは我が息子を遠い星に飛ばしたベジータ王を恨み、復讐を誓います。そしてブロリーと修行をします。

 

友だちだったモンスター(?)の毛皮を身にまとって大切にするなど、心優しいサイヤ人でした。ですが我を無くすと超凶暴に。鬼強い。この映画は、ブロリーとベジータ、悟空のバトルがメインでした。すごい綺麗な映像で、見入ってしまいました。

 

フリーザ

 

f:id:minnnataberuyo:20181229214834j:plain

 

冷酷・冷徹なフリーザ。高い声で敬語で喋るわりにめちゃくちゃ簡単に殺すやん!と思いました(笑)みんなが好きなアニメでこんなに簡単に死んでいくの、ちょっと珍しくないですか?惑星ベジータを消滅させたシーンとかもう悲しすぎて…。

 

最後まで立ち向かう悟空のお父さん、かっこよかったなあ…。原作漫画ではチラっとしか出てきませんでしたが。主人公のお父さんが全く出てこないっていうのもなんか珍しいですよね。

 

映画では、ブルマが集めているドラゴンボールを狙いに、ベジータ王の息子のベジータへの復讐を誓うブロリーの父と、ブロリーを引き連れて地球へ。ドラゴンボールを集めて叶えたい願いが可愛すぎて思わず笑ってしまいました。

 

フリーザを生き返らせてしまった?という話がありましたが、原作漫画には無く…アニメや映画も追って観ていきたいところです。

 

ベジータ

 

f:id:minnnataberuyo:20181229233201j:plain

 

私的に、映画はベジータが一番かっこよかったです。悟空とフュージョンするシーンは笑えました。漫画読んで更にベジータが好きになりました♡こういうキャラツボなんですよね。子どもっぽいというか、デレ要素多めのツンというか。可愛い…。

 

ドラゴンボールを見る順番

 

色々なシリーズが出ているアニメドラゴンボール。何から見れば良いのかわからないので、調べてみました。

・ドラゴンボール  全153話 (1986年~1989年)

・ドラゴンボールZ  全291話 (1989年~1996年)

・ドラゴンボールGT 全64話  (1996年~1997年)

・ドラゴンボール改 全97話 (2009年~2011年)

・ドラゴンボール改(2期) 全61話 (2014年~2015年)

・ドラゴンボール超 全131話 (2015年~2018年)

 という順番で、30年以上にわたり放映されています。

 

簡潔に説明すると、

ドラゴンボール・ドラゴンボールZ 

→ 原作をそのままアニメ化したもの

 

ドラゴンボールGT 

→ Zから5年後を描いたアニメオリジナルストーリー

 

ドラゴンボール改 

→ Zをリメイクしたもので、声優が変わっていたり、簡潔な内容で原作により近づけている。

 

ドラゴンボール超

→ ドラゴンボールの完全なる続き

 

ということなので、時系列的には

①ドラゴンボール

②ドラゴンボールZ(orドラゴンボール改)

③ドラゴンボール超

④ドラゴンボール改

ということになります。もしこれから見る方は参考にしてみて下さい!

 

 

私はこの完全版を購入しました♪

 

ツイッターはじめました!フォローお願い致します!