数え役満ブログ

外科矯正治療、整形、美容、麻雀、本、漫画、プロ野球、日常… 数え役満です!(ただの雑記ブログ)

矯正治療に掛かる費用や、保険適用になる条件・顎変形症についてを解説

スポンサーリンク

はじめまして。koko(ここ)と申します。23歳にして歯科矯正を始めることになりました。

 

歯科矯正を決心するまでにかなり悩み、様々な方のブログを拝見させて頂きました。ブログでは、矯正についてや治療のことが詳しく書いてあり、勇気を貰いました。なので「私も誰かの力になりたい」と思いブログを始めるに至りました。

 

これから、歯科矯正のことや治療の内容、顎変形症についてや手術のことを、時間はかかりますが詳しく書いていこうと思いますので、お付き合い頂けたらと思います。

 

今回の記事では、矯正歯科を受診した際に説明されたことや、私が保険適用で歯科矯正を行うことができると診断された事を書いていきます。

 

 

 

 

カウンセリングのポイント

 

f:id:minnnataberuyo:20181219233314j:plain

 

歯科矯正治療を始めたいけど、何からしていいかわからない。という方。始めの一歩は「カウンセリング」です。このカウンセリングは、必ず複数の歯科医院を受けると良いとされています。

 

カウンセリングでは、自分の歯の状態を医師に見てもらい、「どのような治療の進め方になるか」や、総額費用の見込みや、抜歯をするか等を大まかに教えてもらう事が出来ます。なので、もし「抜歯はしないで矯正したい」や「前歯だけ後ろに下げたい」等、自分の要望があれば、しっかり伝えることが重要です。

 

やはり審美的な面を気にして、歯科矯正治療を考える方は多いと思います。カウンセリングで、「もし歯科矯正をした場合、自分の顎はどう変化するのか」「輪郭は綺麗になるか」といった点を聞いておくことをおすすめします。何故なら、矯正が終わった後、歯並びだけは綺麗になったけど、見た目は思ったより変化しなかった。等といった不満や不安を改善することができるからです。

 

そして、少しでもその歯科医院に違和感を覚えたら、辞めておいたほうがいいと思います。歯科矯正は、最低でも2年はかかります。2年間お付き合いをしていく医院なので、例えば「カウンセリングの担当医が面倒くさそうな態度を取ってきた」や「費用の説明が曖昧だった」「受付のスタッフが私語ばかりで感じが悪い」「室内に清潔感が無い」といった細かい点でも、後々の後悔に繋がります。

 

この歯科矯正医院だったら、安心して任せられる。通いたい。と思うようなところを選ぶことが大切です。

 

歯科矯正治療の費用

 

f:id:minnnataberuyo:20181220000118j:plain

歯科矯正治療にかかる費用は高いというイメージがありませんか?やりたいけどお金がないから…などといった言葉をよく耳にします。保険適用では無い歯科矯正治療の費用について解説していきますね。

 

表側矯正 70万前後・裏側矯正 110万前後が大体の歯科矯正治療にかかる相場となっています。表側矯正というのは、歯の表に矯正装置をつけることです。裏側矯正というのは、歯の裏(舌側)に矯正装置をつけることで、目立たずに矯正が行えることで、指原莉乃さんもこの裏側矯正で治療を行っていました。

 

一般的には金銭的にも表側治療を選ぶ方が多いかと思います。70万円前後としましたが、これは最低限かかるお金だとお考え下さい。例えば、最初に必ず行うレントゲンや、治療に必要なデータを作成する精密検査はどこの医院でも大体は数万円掛かりますし、抜歯するとなると更にプラスしてお金が必要です。ホワイトワイヤー等、目立たない装置を希望した場合もさらに数万、整った歯並びを安定させる治療期間として終わった後も通わないといけないのですが、その度に再診料が掛かります。

 

なので、最終的に全て終わった後、100万円は掛かるとみておいて良いかと思います。これだけ聞くと、物凄く高いですよね。歯並びを綺麗にするのに、痛い思いをして、何年も不便な思いをして、高いお金を払って。「そこまでしてやる必要、あるのかな。」って思いますよね。私もその一人でした。

 

でも、矯正を終えた方は皆様、口を揃えて「やって良かった。」と仰るのです。歯を出して笑えるようになって良かった。綺麗になった口元を見るのが毎日楽しい。化粧やおしゃれが楽しめるようになった。自信を持つことが出来た。と。

 

そんな方々はとても眩しく思えましたし、私も仲間に入りたいと思いました。矯正を決心して、治療を始めた今では、鏡を見ることが楽しいです。「この出っ歯が治るのかな」「どんな口元になるんだろう」と、考えることがすごく幸せです。なので費用で悩んでいる方は是非、検討してみて下さいね。

 

大体の矯正歯科医院では、分割払いが出来ます。 24回払いまでは手数料無し。というところもありましたよ♪

 

保険適用の歯科矯正料

 

 みなさんはアデノイド変貌という言葉はご存知でしょうか?

 

 口を閉じると、顎に梅干しのようなしわが出来る。

 普段から意識をしないと口を閉じる事が難しい。

 鼻炎などで鼻が詰まっていて、口呼吸が多い。

 顎が後ろに下がっていて、輪郭がはっきりしない。

 

上記に当てはまる方、この、下の画像のような口元に見覚えはありませんか?

f:id:minnnataberuyo:20181220001010j:plain

 

 この画像のような口元になってしまったことを、「アデノイド変貌」といいます。アデノイド変貌についての詳細はこちらの記事で解説していますので、よろしければご覧ください。

 

 

少し脱線しましたが、アデノイド変貌と呼ばれている顔つきの方は、「顎後退による顎変形症」として、保険適用の歯科矯正治療が受けられる可能性が高いです。顎後退の他に多く見られるのは、顎が前に出ている「下顎前突(受け口)」というものです。こちらも、顎変形症に含まれますので、保険適用の治療になる可能性が高いです。

 

保険適用の条件とは、「噛み合わせが普通の歯科矯正治療だけでは治せず、手術を併用しなければならない」という場合です。普通の歯科矯正治療が100万円掛かるのに対し、保険適用の歯科矯正は、手術費や入院費込みで大体50万円と言われています。

 

 保険適用になった場合、必ず、口の内側からのこぎりで顎の骨を切断し、顎の骨を前に出したり、後ろに引っ込めたりと、正常な位置に戻す手術を行います。文面に起こすと、かなり恐ろしく感じますよね。この手術はかなりの出血を伴い、しびれなどの後遺症も残る場合もあり、手術後はパンパンに顔が腫れ、暫くは口が開かず、ご飯もまともに食べることが出来ず…といった壮絶なものになります。この手術を伴う矯正治療は、「外科矯正治療」と言われています。

 

外科矯正治療を受ける方がかなりの数いらっしゃって、どこの大学病院でも、手術の予約は大体半年後まで埋まっているほどです。そして、外科矯正治療を行った皆様は「死にそうな思いをしたけれど、やってよかった。」と口を揃えて言われます。簡単に綺麗になれるなんて魔法は無いんですね。

 

POINT

・顎変形症だと診断された場合、保険適用の歯科矯正治療が行われる
・通常が100万円程なのに対し、50万円程で治療が行える
・保険適用の治療は、必ず手術を伴う

 

歯科矯正医院選びのポイント

 

最初に、カウンセリングについて説明をしたときにも触れましたが、保険適用での歯科矯正治療(外科矯正治療)を考えている方は要注意です。顎変形症による外科矯正治療を行っている歯科医院と、そうでない歯科医院があるからです。

 

私が歯科医院を決めた理由には、

  • ホームページに外科矯正治療、顎変形症についてかなり詳しく書いてあった
  • よく利用する駅からかなり近く、また、創業年数が長い
  • 院長が日本顎変形症学会に所属していた

 等と、顎変形症の外科矯正治療に特化した歯科医院だったことがあります。

 

この外科矯正治療は、保険適用でなかった場合は200万円程かかりますので、外科矯正治療を考えている方は必ず、その医院が行っているかどうかを確認してくださいね。 

 

 顎変形症を診断する精密検査

 

f:id:minnnataberuyo:20181220005647j:plain

 

顎変形症だと診断され外科矯正治療を開始するには、歯科医院だけでなく、その手術を行ってくれる口腔外科がある大学病院の判断も必要になります。なので、通常の歯科矯正治療と同じように費用を払い、精密検査を受ける必要があります。

 

 

そしてその精密検査代は、適用になった場合は保険がききますのでお金が返ってきます。適用にならなかった場合は自費でやることになりますので、適用かどうか曖昧な顎の状態の方は少し不安かもしれません。私も、なるかどうかギリギリのラインだと言われたので、自費になったらどうしようかと少し悩みました。

 

精密検査の結果

 

f:id:minnnataberuyo:20181125173251j:plain

f:id:minnnataberuyo:20181125173301j:plain

 

これが私のレントゲンです。1枚目では、唇が突出していて、顎が下がっていることがわかり、それによって喉が圧迫されていて、気道が狭いことが見て取れます。そして2枚目では、輪郭(骨格)が左右非対称なことがわかりますね。

 

この気道が狭いことは、睡眠時無呼吸症候群やいびきの原因になり、これも歯科矯正だけでは治すことが難しいので手術の必要の有無に加味されるようです。

 

そして、この精密検査の結果を踏まえ、歯科医師が「保険適用の範囲内だ」と改めて判断したら資料を作成してもらい、提携している大学病院に資料を持っていき、受診をして最終的な判断が下されるという流れになります。

 

外科矯正治療をするには、矯正歯科の医師と、大学病院で手術を行う医師両方の顎変形症の診断を得ないといけないのですね。

 

大学病院での顎変形症の診断

 

大学病院はかなり混雑していて、予約を取るのが難しく、早く始めたいのになかなか進まない治療に焦りを覚え始めるほどでした。待ちに待った診断の日、かなりの数のレントゲンを取った後、いよいよ口腔外科の医師の話を聞くことに。

 

口腔外科の医師の話

「顎がかなり下がっていること、喉の気道を圧迫していることで、顎後退による顎変形症と認めるので、どんどん歯科さんの方で治療を進めて大丈夫です。歯科から手術のGOサインが出たら、半年前に手術の予約を取って下さい。」


「手術では上顎下顎、両方とものこぎりで切って動かすことになると思います」

 

「手術の際は血が沢山出ます。手術前にペットボトル1本分の採血をし、手術に備えます。足りない場合は、他の人の血で輸血をします」

 

「顎は神経が通っています。注意して手術しますが、一生顎のしびれがのこる場合があります」

 

「それでも外科矯正治療を受けますか?これを聞いてやめます、という方もかなりいらっしゃいます。」

 

やっぱりわかっていても、いざとなると 恐ろしいですよね。でも私は綺麗になりたいので。やると決心したので。「はい、お願いします」とお答えしました。そして、その日は採血をして帰宅でした。

 

痛くても辛くても、少しでも可愛くなれるならOKです!

 

外科矯正治療の流れ

 

外科矯正治療の流れは、

術前矯正(抜歯有り)1年~1年半後に外科手術術後矯正定期通院

となります。そして、定期通院まで含めて、全て終わるまで5年はかかるという話でした。

 

5年。一見長く思えますが、今始めれば、5年後には綺麗な口元になっているのだと考えると全然良いですね。始めるのが遅くなれば遅くなるほど、綺麗になるのも遅くなるわけですし、やらなかったらきっと一生鏡を見て後悔するのだと思います。

 

また、審美的な面だけではなく、かみ合わせが良くなることにより、肩こりが解消されたり、頭痛が改善されたりと、健康的な面にも大きくプラスになります。

 

長くなりましたが、この記事を読んで少しでも矯正に興味を持って頂けたり、やってみようかなという勇気に繋がればいいなと思います。そして外科矯正治療は、誰かのサポートが必須です。是非、始める前に家族に相談をしてみて下さいね。

 

なにか質問などありましたらいつでも受け付けていますので是非コメントしてくださいね!

 

ツイッターはじめました!フォローお願い致します!