かわいくなりたい!

外科矯正治療、整形、美容、麻雀、本、漫画、プロ野球、日常… 数え役満です!(ただの雑記ブログ)

外科矯正治療レポート⑤ 矯正比較写真・費用公開 ガタガタが揃ってきました。

スポンサーリンク

 顎変形症(顎後退)による外科治療を2018年11月からスタートしました。

 

その過程や治療の詳しい内容、手術についてや矯正の流れや歯の動きを書いていきます。歯科矯正を受けようか悩んでいる方、どんな治療をするのか知りたい方、かかる費用について心配な方へ少しでもお伝えできればいいなと思っています。 

 

外科矯正治療レポートは、口内写真を使用して書いていきますので、苦手な方はご注意下さい!

 

▼ 前回の記事はこちら

▼保険適用で行える歯科矯正についてはこちら

 

 

しばらく矯正について更新が出来ていなかったので、3ヶ月分一気に載せていきます。 

 

9回目の通院

 

上の歯のワイヤーを付けてから3ヶ月・下の歯のワイヤーをつけてから1ヶ月

4月16日、トータルで9回目の通院となりました。

 

上下のワイヤーを交換して終わりました。時間は20分程度でした。少し太さが太くなったとのこと。とっても痛かったです…。

 

数日前に大学病院から電話がかかってきて、「睡眠検査の結果が届いている。手術について少し相談したい」とのことでしたので、そのことを矯正歯科の院長に伝えると、「ではついでに抜歯の依頼書を持っていってくれ」と、依頼書を受け取りました。

 

私の親知らずはかなり深いところに埋まっているみたいで、矯正歯科の付属の一般歯科では対応できないそうなので、顎変形症の手術を行ってもらう大学病院に抜歯も依頼することに。

 

いよいよ抜歯です。というか、抜歯をしてからワイヤーをつけるものだと思っていたのですが、そんなこともないのですね。下の5番の2本の抜歯もまだまだだそうです。

 

よくTwitterの矯正仲間さんが、「矯正に向けて8本抜歯しました!」など呟いているのを見かけるので少し焦っちゃいますね。

 

矯正においてあまり痛みを感じることはなかったのですが、今回のワイヤー交換はとっても痛く、夜まで痛みが続きました。噛むと更に痛い。経過写真や費用は後でまとめて載せますね。 

 

10回目の通院

 

4月18日、トータルで10回目の通院です。都内の大学病院に行き、手術の説明を受けたり、親知らず抜歯の予約を取りました。

 

担当医の女性の先生とお話をしていたら、たくさんの口腔外科の先生が代わる代わる私の診察室に来てくださり、口の中や鼻の中を見て手術についてを担当医にアドバイスをしたり、相談をして方針を決めていって下さいました。

 

親知らずの抜歯は3本同時に6月の頭にやることに。(1本だけ昔の虫歯治療の際に抜いているので残り3本です。)

 

手術は、担当医からは「もしかしたら下顎だけになるかも。」と最初言われていましたが、他の先生が私の口の中を見たときに「上下だね。上の顎を切るときについでに鼻の粘膜もレーザーで焼いて通りやすくするよ。」と言ってくれました。鼻もしっかりと見てくださり、「鼻中隔湾曲症があるね。ここまで鼻が通ってないのはびっくりだ」と言われるくらい。

 

私としては、面長やガミーが酷いので上下両顎やっていただきたいところでしたので、心強かったです。

 

プレートは、吸収性のものと吸収されなくて除去が必要なチタン製のものがあり、吸収性のものは力が弱くて後戻りしてしまう可能性があるので、チタン製のものをつかうとのこと。

 

なにか質問ある?と聞かれたときに、「手術をしても顎の後退感が治らなかったらオトガイ形成をやってもらえますか?」ってことと、「上の顎を動かすときに、動かすだけでなく短くしてもらうことって出来ますか?笑ったときに歯茎が見えるのが嫌で。」ということを聞きました。

 

いくら保険適用の機能面重視の手術とはいえ、出来ることなら最大限審美面も考慮してもらいたいです。

 

 担当医の先生が女性ということもあってか、「術後の様子をみて、オトガイ形成は1年後のプレート除去のときにやりましょうね」ということ、「短くすることもできるよ。歯茎が気になるんだね。」と親身になって答えてくださいました。

 

大学病院の口腔外科に、美容整形のようなことを求めるのはおかしいかもしれないけど、それでも自分がやってほしいことは主張していくべきだと思います!親切にしてくださるかも。

 

あとは「顎変形症の手術を受ける患者様へ」 という題名の、手術について詳しい説明が書いてある冊子の資料を頂いて帰宅となりました。こちらも、とても親切に手術について解説してくださっているので、また別の記事にまとめようと思います。

 

 

11回目の通院

 

上の歯のワイヤーを付けてから4ヶ月 下の歯のワイヤーをつけてから2ヶ月

5月16日、トータルで11回目の通院です。

 

ワイヤーを外して、お掃除をしてもらって、上下のワイヤーを太いものに交換をして終わりました。看護師さんの手際がいいのか、交換だけだと15~20分くらいでおわりますし、まだワイヤーをつけたばかりだからか、痛みもそんなにありません。

 

ちなみに前日にカレー食べたけど全然ブラケット黄色くなりませんでした。今までびびって食べなかった私…(T_T)ってなりました。というかそもそもワイヤーが金色だからカレーで着色していても目立たないのかも。

 

f:id:minnnataberuyo:20190625000225p:plain

 

12回目の通院

 

f:id:minnnataberuyo:20190625000715p:plain

 

6月3日。悪魔の親知らず抜歯。右の上下の親知らず(埋まっている)と、左上の親知らずの一個手前の歯の抜歯。左下は学生のときに虫歯治療の際に抜いていたので、計3本を一気に抜きました。

 

地獄の始まりでした…。と語れるくらい辛かったです。長くなるので別の記事にします。

 

痛すぎて痛すぎて。夜中痛み止めが切れたら痛くて目覚めて痛み止め飲んで…って日々を一週間送って、6月10日にようやく抜糸に矯正歯科の付属の一般歯科にいったら「化膿している、腫れすぎている」と衝撃の事実。おじいちゃん先生が「大学病院は何をしているんだ。普通は消毒や化膿止めの薬を出すはずなんだ」ってすっごく怒っていてなんか泣けました。

 

食事もまともにとれなかったので、本当に辛かったし、親知らずの抜歯でこれなんだから顎変形症の骨切り手術なんてどうなっちゃうんだろうって想像したら怖くて怖くて。やめちゃいたくなっちゃうくらいでした。

 

 

13回目の通院

 

上の歯のワイヤーを付けてから5ヶ月 下の歯のワイヤーをつけてから3ヶ月

 6月18日。トータルで13回目の通院です。外科矯正治療のカウンセリングに行ってからもう7ヶ月が経ちました。早すぎますね。

 

まずはワイヤーを外し、口の中をチェックしてもらった後、なんといきなり親知らずに銀の金属バンドを付けていくことに。抜歯の地獄からようやく開放されてきたところで心の準備もしておらずびっくりしました。

 

f:id:minnnataberuyo:20190625001323p:plain

 

わかりづらいのですが、親知らずの一個手前の歯を、親知らずの代わりに抜いたんですよね。何故かと言うと、神経を抜いた銀歯だったから長く持たないだろうということで。寿命の長い元気な親知らずを代わりに奥歯に持ってこようということらしく。

 

私は「どうやって半分も埋まってる親知らずを奥歯に持ってくるんだろ~?一回抜いて植え直すのかな~?」なんてのんきに考えていたのですが、ワイヤーで引っ張ってくるんですね。(そりゃそうか)

 

でも半分埋まってる親知らずに硬い銀の金属バンドを付けたのがもう痛くて痛くて。しかもかなり奥なので粘膜に当たってかぶれるんですよね。食事も痛い。ワイヤーも邪魔だし。

 

f:id:minnnataberuyo:20190625002257j:plain

 

本当に奥の方。ただどうすることも出来ないし治るもんでもないし。はやく動いてくれと願うのみです…。

 

スポンサーリンク  

比較写真

 

f:id:minnnataberuyo:20190625003244p:plain

 

▼横顔は特に変化をしていないように思います。

f:id:minnnataberuyo:20190625003611p:plain

 

▼矯正を始める前と、5ヶ月後の写真の比較です。

f:id:minnnataberuyo:20190625003847p:plain

 

特に下の歯の変化がすごい♡

 

▼来月・再来月あたりに下の4番を抜歯するそうです。痛くないといいな・・・。

f:id:minnnataberuyo:20190625004051p:plain

 

料金

 

矯正費用

 

10月26日 1回目 43,200円 精密検査

11月24日 2回目 3,890円 大学病院での精密検査

11月27日 3回目 顎変形と認められ、43,200円を返金

           2,630円 レントゲン代

12月4日  4回目 8,540円 上の奥歯に銀歯取り付け

12月17日 5回目 4,380円 下の奥歯に銀歯取り付け

1月10日  6回目 16,200円 上の歯にワイヤー取り付け

2月14日   7回目  3,640円  上の歯のワイヤー交換

3月14日   8回目  15,400円 下の歯にワイヤー取り付け

4月16日   9回目  6,560円  上下ワイヤー交換

4月18日   10回目 230円    大学病院にて手術相談

5月16日   11回目 4,620円  上下ワイヤー交換

6月3日    12回目 10,000円  親知らずの抜歯・抜糸・薬代等総額

6月18日   13回目 3,690円   上下ワイヤー交換

 

計 79,708円

 

その他費用

 

1月31日 手術のために必要な睡眠時無呼吸症候群の受診 1,750円

1月31日 睡眠時無呼吸症候群検査に必要な耳鼻科受診 8,640円

3月1日 睡眠時無呼吸症候群の宿泊睡眠検査 15,590円

3月14日 睡眠検査の結果を聞きに受診 1,130円

3月19日 鼻の通りを良くする為に耳鼻科受診  4,640円

 

計 31,750円

 

現在、総額 111,458円 です。10万超えた~!

 

外科矯正治療がだいたい50万円っていわれてるので、あと40万か。一括で払うわけでもなく、分割手数料が発生するわけでもなく、その都度その都度なので支払いにきついなあと感じることはありません。今の所。

 

親知らず抜歯の際は自分で痛み止めやガーゼを追加して買ったりなどもしていたのでアバウトですが1万円にしました。大体これくらいです。抜くことだけでしたら3本抜いて8,500円でした。

 

矯正のステップ?

 

歯科助手のお姉さんから、「矯正のワイヤーは4ステップあり、次から2ステップに入るので料金がいつもより高いです!ステップが上がるときは料金が高くなっちゃうんですよ~。無事ステップがあがってしっかりしたワイヤーになれば下の歯の4番の抜歯の予約がとれますからね~!」と言われました。

 

ワイヤーにステップがあるの!?

 

ワイヤーにステップがあるなんて初耳でした。ステップで調べても、ワイヤーのステップの情報が全然出てこないのでもしかしたら通っている矯正歯科独自の仕組み?呼び方?なのかもしれません。

 

もし矯正のステップについてご存知な方がいらっしゃいましたらお教え下さい!

 

では以上です♪