かわいくなりたい!

外科矯正治療、整形、美容、麻雀、本、漫画、プロ野球、日常… 数え役満です!(ただの雑記ブログ)

カエレバを使用して、PA-APIを通さない今まで通りのリンクを作る

スポンサーリンク

こんにちは。2019年1月23日から、Amazon PA-APIの規約変更があり、一定の売上がないとAPIが使用できないことになりました。

 

またそれに伴い、カエレバも楽天メインの仕様変更がかかりましたね。

 

▼それについて詳しくはこちらの記事をみてください。

www.kawaikunaritai.net

 

では、今までどおりのカエレバのデザインを、PA-APIを使用しないで使うにはどうしたらいいかを初心者ながらに考えてみましたので、もしよかったら御覧ください。

 

※PA-APIについてや、HTMLについては全くの初心者になります。なんとなく「この方法だったら大丈夫そうだな」という考えでやっていますので、もし間違いや訂正のご指摘がありましたら教えて頂けると幸いです。

 

お問い合わせはこちら

 

カエレバについて

 

カエレバ は、アソシエイトの商品リンクを手間なく簡単に作成してくれるツールとして、多くの方から重宝されていました。

 

ですが、今回Amazonの規約変更によってAPIの使用回数に制限がかかったことにより、カエレバは楽天メインで、Amazonは検索結果が表示されるだけというAPIを通さない仕様に変更になりました。

 

私は、どうしてもAmazonメインでアソシエイトを展開したいこと、従来のカエレバのデザインや使いやすさが気に入っていたこと、WordPressでない限り他のツールが使用できないことがあり、なんとかして今までのようにカエレバを使えないか考えました。

 

そしてこの方法なら「多分大丈夫だろう」というやり方がありましたので、ご紹介していこうと思います。(多分ですので悪しからず)

 

こんな人におすすめの方法です

・WordPressではないのでRinkerなどが使えない人
・Amazonメインでアソシエイトを展開したい人
・カエレバの使用感を気に入っている人
・自分でHTMLをデザインするのが苦手な人

 

 やり方

 

まずカエレバの仕様が変更になった原因は、PA-APIの制限により「個別のページにリンクさせることが難しくなった」「画像の取得がNGになった」という点にあると考えます。

 

そしてAmazon公式は、「PA-APIが使用不可能になっても、Amazonの公式からリンクを取得すればアソシエイトを継続させることは可能です」と回答しています。

 

これを踏まえると、「Amazon公式から取得したリンクを、今までのカエレバのコードに当てはめれば大丈夫なのではないか」ということです。

 

まず、カエレバの昔の仕様のコードをみていきます。

 

 

<div class="kaerebalink-box" style="text-align: left; padding-bottom: 20px; font-size: small; zoom: 1; overflow: hidden;">
<div class="kaerebalink-image" style="float: left; margin: 0 15px 10px 0;">
<a href="Amazonの商品のページのリンク" target="_blank">
<img style="border: none;" src="商品の画像のリンク" /></a></div>
<div class="kaerebalink-info" style="line-height: 120%; zoom: 1; overflow: hidden;">
<div class="kaerebalink-name" style="margin-bottom: 10px; line-height: 120%;">

<a href="Amazonの商品のページのリンク" target="_blank">商品の名前</a>
<div class="kaerebalink-powered-date" style="font-size: 8pt; margin-top: 5px; font-family: verdana; line-height: 120%;">posted with <a href="https://kaereba.com" rel="nofollow" target="_blank">カエレバ</a></div>
</div>
<div class="kaerebalink-detail" style="margin-bottom: 5px;">商品を出品しているお店</div>
<div class="kaerebalink-link1" style="margin-top: 10px;">
<div class="shoplinkamazon" style="display: inline; margin-right: 5px;">

<a href="Amazonの商品の検索結果のページ" target="_blank">Amazon</a></div>
<div class="shoplinkrakuten" style="display: inline; margin-right: 5px;">

<a href="楽天の商品の検索結果のページ" target="_blank">楽天市場</a>

<img style="border: none;" src="//i.moshimo.com/af/i/impression?a_id=1239253&amp;p_id=54&amp;pc_id=54&amp;pl_id=616" width="1" height="1" /></div></div></div><div class="booklink-footer" style="clear: left;"> </div></div>

 

こういう形になっています。なので、この赤文字のところに、それにあったURLを手動で入力すればOKです。ただし、画像のところだけ全くHTMLを入れ替えないといけないので、上から順番に解説をしていきます。

 

Amazonへの商品のページのリンク

 

<a href="Amazonの商品のページのリンク" target="_blank">の部分です。

 

公式サイトから、アソシエイトツールバーのテキストをクリック、そのURLを挿入します。

f:id:minnnataberuyo:20190113170500p:plain

 

商品の画像のリンク

 

<img style="border: none;" src="商品の画像のリンク" /></a>

 

の部分を全部削除し、アソシエイトツールバーの画像のHTMLとそっくり入れ替えます。

f:id:minnnataberuyo:20190113170718p:plain

 

そして、

<a href="Amazonの商品のページのリンク" target="_blank">商品の名前</a>

は上記の同じ方法でテキストのリンクのURLを、商品の名前はコピーペースト、

<div class="kaerebalink-detail" style="margin-bottom: 5px;">商品を出品しているお店</div>

も商品情報をコピーペーストでOKです。

 

<a href="Amazonの商品の検索結果のページ" target="_blank">Amazon</a></div>
<div class="shoplinkrakuten" style="display: inline; margin-right: 5px;">

とありますが、これは、ボタンをクリックすると飛ぶページ先です。

私は1クリック多くなり、購買率が低下するのが嫌なので、上記と同じテキストリンクの商品に直結するURLを記入しています。

 

楽天のページ

 

<a href="楽天の商品の検索結果のページ" target="_blank">楽天市場</a>

 

私の方法ですが、もしもアフェリエイトで商品を検索します。

 

f:id:minnnataberuyo:20190113171353p:plain

 

そして、紹介率がいい商品など表示させたい商品のリンクを作るをクリックし、赤線のURLの部分をコピーします。href=のあとの"から"までを全てコピーし貼り付ける形でOKです。

 

f:id:minnnataberuyo:20190113171551p:plain

 

以上です。

 

実際にやってみると、このように画像にはAmazonの商品の直接リンクのページがついて、Amazonメインでのアソシエイトが展開できます。

 

今までのカエレバと全く同じになります。7netなどを追加したい場合でも、同じ方法でURLをあてはめていけば大丈夫です。

 おわりに

 

 手間はかかりますが、はてなブログを使っている方はこの方法が一番見やすくて映えるのでいいと思います。

 

全て公式サイトからURLを取得しているので、PA-APIにも当てはまらず、売上がなくて利用が出来なくなってもリンクが切れたり、画像が表示されなくなることはないかと思いますのでぜひやってみてください。

 

ツイッターでのブログ仲間や読者登録も募集してますので、ぜひお願い致します。

 

ツイッターはじめました!フォローお願い致します!