数え役満ブログ

外科矯正治療、整形、美容、麻雀、本、漫画、プロ野球、日常… 数え役満です!(ただの雑記ブログ)

【脱初心者】オバカミーコから学ぶ麻雀講座② 麻雀は牌を「繋げる」ゲーム

スポンサーリンク

「打姫オバカミーコ」という麻雀漫画をご存知でしょうか?この漫画は、最強の初心者・中級者のバイブルだと自信を持って言うことができます!

 

そんな私の麻雀の教科書でもあるオバカミーコで学んだことを、自分へのインプットのためにもわかりやすく皆様にお伝えしていこうと思います。

 

前回は1巻をまとめました。8割は両面で待つべき、ということや、鳴きの基本条件などについてを学びました。

 

▼1巻のまとめ

www.kawaikunaritai.net

 

 

リャンカンよりもアンコ!

 

 ▼この手牌のとき、何を切りますか?

六筒七筒八筒二索二索四索六索八索三萬四萬五萬六萬七萬ツモ二索

 

 

2sを頭と考えても考えなくても、私だったら8s切りかな…。でも、678の三色も見えちゃうから悩み所。

 

▼ではこの手牌は?

五索五索五索六索七索八索三萬四萬五萬七萬八萬三筒五筒ツモ七筒ドラ五筒

 

 

え~!5sをアンコではなく頭にして、筒子はリャンカンで待つべき…?そのほうがテンパイしやすそう…。

 

 

正解は、ひとつめは八索、ふたつめは三筒が正解。 何故かと言うと、麻雀の基本となり、とても重要な要素となる、牌効率の良し悪しアンコのほうが、リャンカンよりも牌効率が良いから。という理由です。

 

 

二索二索二索四筒六筒八筒

たとえば、こういう形があったとします。2sを切ると、受けは5pが4枚、7pが4枚の計8枚。では、8pを切ると、受けは5pが4枚、4pと6pが3枚ずつで計10枚で、両嵌の片割れを落としたほうが、2枚受け入れが広くなります

 

更に、これがつながっていた場合。先ほどの問題の1問目にあった

二索二索二索四索六索八索  このような形のとき。

2sを切った場合の受けは、5sが4枚と7sが4枚の計8枚です。

8sを切った場合の受けは、5sが4枚、4sが3枚、6sが3枚に加えて、3sが4枚追加されて、計14枚です。

 

ここで大事なのは、「アンコとリャンカンが繋がっている場合は更に6枚も受け入れ枚数が増える。」ということ。アンコのほうが繋げやすく、何かがくっついた場合に受けが広くなるということで、リャンカンよりもアンコを優先しましょう。ということです。

 

f:id:minnnataberuyo:20190218184122j:plain

 

カンチャンよりもシャボ!

 

f:id:minnnataberuyo:20190218184111j:plain

 

▼あなたなら何を切りますか? 

三索三索六索七索八索三萬四萬四萬五萬五萬六萬四筒四筒六筒

 

場の残り枚数で決めちゃうかも。4p切、6p切どちらとも言えないって感じかな…。

 

このとき、4pを切ってカンチャンを取った場合、両面に変化をするのは3pが4枚と7pが4枚を引いたときです。つまり、計8枚

 

ですが、6pを切ってシャボを取った場合、両面に変化をするのは3pが4枚と、2sが4枚と4sが4枚で計12枚になり、カンチャンよりも1.5倍有利です。

 

待ち牌の数は、カンチャンでもシャボでも変わりませんので、手変わりを待つなら受け入れ枚数が多いシャボを取りましょう。ということです!

 

リャンメン&リャンメンは頭固定

 

▼イーシャンテン、ここから何を切りますか?

一筒二筒二筒三筒四索五索七索八索九索二萬三萬四萬六萬七萬ドラ三筒

 

3p…と言いたいところだけど、ドラだし…。リャンメンは崩したくない。とりあえず私が嫌いなヤオ九牌の1pでも切っておこうかしら。

 

私の考える1p切りは論外として、ここで、2pを切って1p2p3pで面子固定をしたとします。

一筒二筒三筒四索五索七索八索九索二萬三萬四萬六萬七萬

すると、3s6sまたは5m8mのリャンメンを引いてきたときに、「約無しの単騎待ちの仮テンパイ」になります。これは、実質イーシャンテンと変わりません。なので、4s,5s,6m,7mのどれかを頭にするために引いてこないといけないのですが、自分で一枚所持しているため、残り枚数は3枚×4種で12枚となります。

 

では、ドラですが3pを落として2pを頭固定とした場合は

一筒二筒二筒四索五索七索八索九索二萬三萬四萬六萬七萬

となり、3s,6s,5m,8mの4枚×4種の計16枚のいずれかを引いてくれば、平和という役がついたテンパイになります。

 

f:id:minnnataberuyo:20190218190344p:plain

「ピンフ形 リャンメン2個なら アタマ固定」ということで、ピンフの形で、リャンメンのパーツが2組あるなら、他は面子を作ることよりも頭を作ることを優先させましょう。というお話でした。

 

でも、例外があります。

 

二萬三萬七萬八萬九萬四筒五筒六筒六筒七筒一索二索三索三索

 

このような手牌。先程の師匠の教えから考えると、リャンメン2つは頭固定、ということで1s,2sを落として3sを頭とするべきと考えますね。その場合、有効なテンパイになる受け入れは、1mが4枚、4mが4枚、5pが3枚と8pが4枚の全部で4種類、15枚となります。

 

ですが、1s2s3sを面子固定として、3sを切った場合。有効な受け入れ枚数は、1mが4枚、2mが3枚、3mが3枚、4mが4枚、3pが4枚、4pが3枚、6pが2枚、7pが3枚…という、計8種26枚になります。

 

つまり、このように筒子が重なっていたり、連続していた場合は例外もありますよ。ということでした。

 

リャンメンが離れて2つある場合は頭固定、連続している場合は面子固定…そんなの瞬時に判断できるかな~~!?

 

オーラスで1位になるために

 

f:id:minnnataberuyo:20190218212246j:plain

 

序盤に、親がマンガンをツモしたときに4000オールを払います。すると、序盤からトップとの差が16000点も開いてしまうことになります。そう考えると、なかなか落ち込みますよね。

 

でも、師匠の教えは「南3、オーラスまでにトップと10000点差までにしておけば大丈夫」とのこと。

 

「トップと10000点差までにしておけばいい」という『好位ぴったり打法』でいくと、終盤までに6000点だけ差を詰めればいいということになります。そう考えることで気持ちに余裕ができます!

 

確かに、トップと差が開くと、なんとかして高い手を…と考えてしまうけど、オーラスまでに10000点以内に入る、という目標であれば安い手も堂々と和了れる気がします!

 

f:id:minnnataberuyo:20190218212832j:plain

 

マンガンツモか跳ね満デアガリでしかまくれない10000点差。終盤の手作りはますます楽しいですよね。

 

盲牌は脳を刺激する

 

f:id:minnnataberuyo:20190218213434j:plain

 

盲牌をしなければ、視覚だけを使用して麻雀をすることになりますが、そこに盲牌が入ると、触覚の要素も加わり、より脳に対する刺激が増え、活発になる…とのこと。

 

主人公のみーこは、立直をしているときに盲牌して、少し身体が動いたり、反応をしてしまう…ということから、相手になんの種類の牌を待っているかを見破られ、「盲牌をしないほうがいい」というアドバイスを受けます。

 

f:id:minnnataberuyo:20190218213756p:plain

 

どうせするなら、瞬時に正確に判断できるような正確さ、指先の集中力が必要だということでした。

 

私も盲牌の練習してみようかな!

 

いらない牌は手の端に寄せる

 

f:id:minnnataberuyo:20190218214518p:plain

 

「麻雀を早く打つ」ために、いらない牌はランク付けをし、最もいらない牌から右に並べていこうという師匠の教え。場の状況から、守備や攻撃を考えたり、持ってきた牌によって右から中に移動する…ということをしていこう。というお話でした。

 

f:id:minnnataberuyo:20190218214608p:plain

 

「早く打つ」というのは、麻雀の大会でとても重要みたいですが、フリー雀荘などにいくとおじさんたちはみんなとっても打つのが早いので、一緒に打つ人が快適であるように…という面でも大切ですね。

 

牌をつなげよう

 

 ▼この手牌、なにを切りますか?

二筒四筒六筒六筒二索四索一萬二萬三萬五萬六萬七萬七萬八萬ドラ白

 

う~ん。ソーズかピンズ、どちらかのカンチャン払いよねえ…。

 

場を全く考慮しないとしたら、ソーズとピンズ、どちらを払っても同条件のような気がしますよね。ですが、実はこれ、「ソーズを切る」のが正解なのです。

 

何故かと言うと、「5」を引いた場合、ソーズはターツにしかなりませんが、ピンズは手の中に面子ができます。これはその後の、手牌全体の変化にかなり有利に働きます。

 

また、「2」を引いたとします。ソーズの場合、手牌は

六筒六筒二索二索四索一萬二萬三萬五萬六萬七萬七萬八萬

となります。有効牌は2s2枚、6s2枚、3s4枚の8枚です。

 

ピンズの場合の手牌は

二筒二筒四筒六筒六筒一萬二萬三萬五萬六萬七萬七萬八萬

となります。有効牌は、2p2枚、3p4枚、5p4枚、6p2枚の12枚になります。

 

麻雀の本質は繋げること。繋がれば繋がるほど、強い形になっていきます。

 

繋げる。簡単なように思えて難しいけど、意識していこうと思います♪

 

 オマケ

  

三索三索四索

 

とあって、頭が別にある場合、3sは場に1枚でも出た時点で攻撃としても守備としても役立たずになるため、早めに切りましょう。切り遅れた場合は切らないようにしましょう。という師匠のお話がありました。

 

詳しい話がのってなかったので割愛してオマケとして載せますが、この意味を師匠の言葉なしに私が解説するまでに至らないせいです…( ˊ•̥ ̯ •̥`)くやぢい

 

目指せ今年中に天鳳5段!!!

 

3段になったのに、3ヶ月やらなかったらアカウント消えちゃって悲しいです(T_T)新しくがんばります・・・。

 

 

麻雀漫画とか文庫って、結構「これはこうしろ」っていうのはあるのですが、初心者~中級者に向けた詳しくて易しい解説ってあまり無いんですよね。

 

オバカミーコは、主人公のミーコが私達と同じ目線で師匠に質問をしたりしてくれるため、非常にわかりやすく簡潔な内容となっています。そして漫画の内容も面白い。

 

人生で一番推す麻雀漫画だと思います。気になった方は是非購入して読んでみて下さい。

 

 

ツイッターはじめました!フォローお願い致します!