かわいくなりたい!

外科矯正治療、整形、美容、麻雀、本、漫画、プロ野球、日常… 数え役満です!

失敗しない美容整形クリニックの選び方は?カウンセリングのコツについても解説!

f:id:minnnataberuyo:20190727012534p:plain
近年、美容整形を受ける人がとても増えてきています。電車の広告やテレビCMでもよく目にするようになり、「お化粧をするのと同じだ」というような身近な感覚に変わってきています。

美容整形外科医がSNSを使うことも増え、より、私達と美容整形の距離が近くなってきているように思います。 では、「私も整形がしたい」と思い立ったら、まずは何から始めれば良いのでしょうか。

それは、自分のやりたい整形部位や希望の手術内容に沿ったクリニック選び(医師選び)です。

 

とはいったものの、1から整形を始める人は、クリニックの良し悪しも何もわかりませんよね。「とりあえずCMでやっているし有名で信頼できそうだから…」などという曖昧な理由でクリニックを選んでしまうと、後々大変なことになりかねません。

 

今回は、初めて整形を行う人に向けて、どのようにクリニックを選んでいけばいいかを1から説明していきます。また、後半ではカウンセリングのコツについても書いていきますので、整形を考えている人、悩んでいる人は是非読んで参考にして下さい。

 

 

美容整形クリニック選びのコツを紹介!

 

では、私が考える美容整形クリニック選びにおいて大切なことを、なん項目かにわけて紹介していきます。整形を受けるにあたって、クリニック選びと医師選びは最も大切だと言えますので、参考になればと思います。

 

整形の第一歩!自分の条件を決める

 

まずは、整形を受けるにあたって「こうしたい」という条件を自分と相談して決めます。

 

例えば、「韓国と日本」という"国"の選択肢があります。「絶対に日本でしか出来ない」という条件がある場合と、「自分に合う良いクリニックがあれば韓国でも良い」という条件では、選べるクリニックの数が倍ほど違います。

 

「値段」の条件も重要です。「いくらまででもかけられる」という場合と、「20万以下でやりたい」という場合でもクリニック選びが変わってきます。そして、これらの条件を自分の優先順位で並べていきます。

「これだけは絶対変えられない」という条件と、「場合によっては妥協しても良い」という条件ではまた変わってきます。

 

【A】海外に行ったこともないし、今回は初めての整形だから絶対日本で行う

【A】「失敗された」という悪評や噂が無く、経験のある先生にやってもらう

【B】目頭切開・二重全切開で40万円以下(少しなら超えても大丈夫)

例えば、このように条件を決めたとします。そうすると必然的に韓国のクリニックは除外されることになります。更に、日本の美容整形クリニックはそこまで多いわけではありませんので、40万を超える金額のクリニックも除外すると、この時点である程度は絞れてきます。

 

 これを行っていくと、大体「AとBとCのクリニックが、交通の面でも金銭の面でも良さそうだな」というように目星をつけることが出来ます。また、クリニック選びにおいて自分が何に重点を置いているかがはっきりわかるので、選びやすくなります。

 

金額や場所は「クリニック」だけど…?

 

先程の例を見ると、「国」や「金額」の条件は「クリニック」ですが、「失敗しない・経験がある」という条件は、クリニックではなく「医師」であると気付きませんか?

 

私は、整形をするにおいて最も大切なことは、クリニック選びというよりも、「医師選び」だと思います。

 

例えば、大手のクリニックがあり、そのクリニック自体の評判は失敗談が多く、対応が悪いと噂があり、あまり印象がよくないとします。ですが、とても腕がいいと評判の先生が1人だけいて、その先生の施術がとても魅力的だったら、「この先生がいるから、このクリニックでやろう」となることもあり得るわけで。

 

ですが、整形手術をやってもらいたい先生がいるクリニックが、自分の条件の金額を大きくオーバーした金額を設定していたとしたら、そこで受けることは叶わないですよね。

 

つまり、自分の条件をもとに、まずはある程度のクリニックを絞ります。そしてその後は、その中から自分の希望に合う、信頼できる医師を探す。に変わっていくわけです。

クリニック選び → 医師選び に段階を踏んでいくわけですね!では、どのように医師選びをしていくかを紹介していきます!

 

自分に合う、信頼出来る医師を探して選ぼう!

 

ある程度のクリニックの目星がついたら、次は医師選びに入ります。医師の選び方のポイントを詳しくお伝えしていきます!

 

症例写真を見る

 

医師の選び方ですが、まず症例写真が多くある医師のほうが安心できます。「私がこの目の施術をおこないました」と明記している沢山の写真があると、「この先生はこういう二重を作るのが得意なのだな」とある程度の先生の傾向がわかります。

 

ナチュラルで自然な二重をよく作る先生もいれば、しっかりとした並行二重を得意とする先生もいます。なので、症例写真やモニター写真が、自分のなりたい二重幅や鼻の形と近い医師を候補に入れていきます。

ホームページに載っていなくても、ツイッターやインスタグラムなどのSNSに載せている先生、ブログに載せている先生もいます。気になる医師の名前で調べてみるといいかと思います。

 

経歴を見る

 

医師の経歴を見ることも大切です。免許があれば、手術の経験がなくても美容外科医になれてしまうのです。美容整形の手術を受けるときに、「失敗」という不安はどうしてもつきまといます。

 

では、どのような経歴を持った医師がいいのかというと、形成外科専門医の資格を持っているとプロフィールに書いてある医師、もしくは、美容外科に勤務している年数が長い医師を選ぶのが安心とされています。

 

値段が安いからと受けると、担当医を選べず、研修医の先生や新人の先生の施術を受けることになり、トラブルに発展したり「失敗」と感じる結果になるケースも多く見受けられます。

 

ホームページの医師一覧をみると、大体経歴や顔写真が紹介されています。そちらのチェックも欠かさず行うと良いと思います。

ですが、美容外科に長年勤めていても…という場合はありますので、経歴はあくまで参考程度のほうがいいですね!

 

 口コミを見る

 

気になる医師の名前+口コミやレビューなどのワードで検索をすると、SNSやアプリ、クチコミ広場、掲示板にその医師のカウンセリングがどんな対応だったか、施術がどうであったかなどを詳しく載せている方の話を見ることができます。 

 

また、Twitterのワード検索やアプリで先生の名前で検索すると、ご自身の写真を載せて、レポートや経過を書いて下さっている方もいらっしゃいますので、是非参考にしてみて下さい。

 

特に、近年で増えてきている整形口コミアプリはとても参考になります。多くの人が施術をしたクリニックや担当医、金額、内容、経過写真やレポートを詳しく投稿してくれています。しばらく見続けていれば、人気のあるクリニックや、自分の好みの症例がわかってくると思います。

 

中でも人気な口コミアプリを紹介します。情報が多くて、そして良い評価を受けている先生だと安心ですよね。 

美容整形の写真口コミアプリ-ルクモ(Lucmo)
美容整形の写真口コミアプリ-ルクモ(Lucmo)
開発元:Tink inc.
 
美容整形の写真口コミアプリ-トリビュー
美容整形の写真口コミアプリ-トリビュー
開発元:株式会社トリビュー
 

 

Twitterアカウントを作って情報を集めよう!

 

私がおすすめする、クリニック選びや医師選びの一番の参考方法は、Twitterです。一番リアルな口コミが流れてきますし、毎日毎日新しい情報が沢山入ってきます。まずは、Twitterのアカウントを作り、気になるワードで検索をし、片っ端からフォローをしていくことです。

 

300人もフォローして、毎日タイムラインをチェックしていれば、そのうちクリニックの名前を覚えてきます。「術後対応が悪いと悪評が多いこのクリニックはやめておこう」「このクリニックで施術をしている方、すっごくきれいに仕上がっているな…」など、自分の好みのクリニックや避けたほうが良いクリニックがだんだんと見えてきます。

 

注意をしてほしいのが、マナーを守るということ。同じ「かわいくなりたい」という志を有している同志ですから、親切にしてくださる方が多いです。情報をSNSに乗せてくれている方々は、リアルの方に身バレをする危険や、心無い人からの中傷の危険に晒してまで情報提供をして下さっています。

 

いきなり初対面の方に馴れ馴れしくクリニック名を聞いたり、自分で調べればわかるようなことを聞いたり、RT禁止の方のツイートをRTしてしまうなどという行為はやめておきましょう!

 

整形SNSユーザーは美容意識が高く、可愛い方が多いです。タイムラインを眺めているだけでも参考になることがたくさんあり、目の保養にもなって有意義ですよ♪

 

【候補が決まったら】カウンセリング周りをしよう! 

 

候補の医師やクリニックがある程度絞れたら、次はカウンセリング周りをし、どのクリニックで施術を受けるかを決めます。日本のクリニックは、ラインカウンセリングなどは行っていない所がほとんどなので、直接クリニックに足を運ぶことになります。

 

相談無料のところが多いですが、クリニックによってはカンセリング料がかかる場所もあります。クリニックのホームページに行くと、「メールで無料相談が出来ますよ」というサービスがあります。なので、簡単な疑問点などはそのフォームから送ると良いと思います。

 

ただ、事前メール相談では返事が返ってこないクリニックや、送信した質問の的を得ていない返事が返ってきたりしたので、本当に小さな、簡単な疑問を解決する方法として使うと良いと思います。

 

では、カウンセリングを受けるときのポイントや準備についてを書いていきますね。

 

カウンセリングって何するの?準備は必要?

 

カウンセリングでは、自分がどのような施術を望んでいるのか、どのようになることを希望しているのかを伝えます。医師に部位をみてもらい、本当にその施術が自分にあっているのか、希望に沿ったデザインでの施術を受けることは可能なのかということを、判断してもらいます。

 

その他にも、別の施術を提案されたり、手術についてや料金についての詳しい説明を受けることが出来ます。

 

カウンセリングは、15分~20分くらいだと考えるといいと思います。カウンセリングの際に自分の希望や意思をはっきりと口にして伝えないと、先生の意見を聞いて頷いているだけで終わってしまい、あとから不安や悩みを抱えることになってしまいます。

実際に私もカウンセリングを受け、自分の意見をはっきり言おうと意気込んでいても、先生の威圧感や淡々とした話し方に圧倒され、結局考えていた事の2割くらいしか伝えられなかったということがありました。

 

自分のなりたいパーツの見本となる、芸能人などの写真や、症例の画像を予め手元に用意しておくとスムーズです。また、これだけは絶対聞きたいという質問を予めメモをして持っていくといいと思います。

 

トリビューというアプリでは、カウンセリング準備のツールが入っていて、聞きたいことのメモや理想の写真、理想でない写真、自分の写真などをまとめられることが出来ます。

 

カウンセリングで何を聞けばいいの?

 

例えば目の整形だったら、「目頭切開をしたらどんな形になるのか」「どれくらい切ってもらえるのか」「二重の幅は何mmで作ってもらえるのか」など、具体的なことを聞きましょう。

 

「どれくらい」や「形」を聞いておくと、自分の目がどのような感じになるのか、自宅に帰ってからも思い出して想像することが出来るのでいいと思います。

 

あとは、自分の悩みや要望を伝えたり。「目が離れているのが悩み」とか、「アイプチで幅が広い二重を作ると眠たそうな目になってしまうが並行二重にしたい。可能ですか?」とか、「左右対称の二重がアイプチで作れないけど、きちんと左右対称になるのか」とか。

 

丁寧に聞いてくださる先生でしたらいいですが、そうでない先生も沢山いらっしゃいますので、ある程度絞って「これだけは絶対聞く!!」というのがあるといいです。本当にいざカウンセリングになると焦って頭が真っ白になったりしますので…!

 

カウンセリングはすっぴんでいく?

 

f:id:minnnataberuyo:20190131185029j:plain

 

目の整形をする場合は特に、すっぴんでいったほうがいいと思います。

 

美容クリニックのホームページでは、すっぴんで来て下さい。と明記しているところが多いです。先生が顔を実際に触って下さって、二重を作って見せてくれたりするので、アイプチやつけまつげをしていると正確なラインが作れなくなってしまいます。

 

また、普段は濃い化粧で、それに映えるような形にしてもらうとしても、すっぴんのときにあまりにも不自然だと困りますよね。私は、二重の整形だけでなく他の部位でも、なるべくナチュラルからすっぴんで行ったほうがいいのではないかと考えます。

 

眉毛をかいてファンデーションを塗ってマスクして行くのを推奨します♪

 

美容クリニックに来ている他の方は結構気合い入れてたりキラキラしてるマダムだったりして、すっぴんだと少し恥ずかしいんですけどね…。あと、クリニックが遠いと尚更行き帰りが辛いですよね。でも、それより正確に顔をみてもらえるほうがメリットが大きいです。

 

化粧後の顔の雰囲気に寄せて整形をしたい場合は、「普段はこういう化粧をしていて、これに映える二重がいいから、幅広で」と写真を見せて伝えるなどいう手もアリですね!

 

まとめ:医師選びとカウンセリングはとっても大切! 

 

ポイント

まずは自分の条件を決め、それを元にクリニックを絞る

クリニックが絞れたら、口コミを頼りに医師を何人か選ぶ

気になる医師を選んだらカウンセリングにいこう!

カウンセリングは準備をしっかり!

 

クリニック選びやカウンセリング周りはとっても大変ですが、失敗しない満足の行く結果を得るためにどうしても必要な過程になりますので、一緒にがんばりましょう!